2024年 6/21(金)
Breaking News

システムエンジニアの仕事と収入

様々な種類があるエンジニアの中でも良く知られているものの1つにシステムエンジニアがあります。システムエンジニアとは、SEとも略されることがあるITエンジニアです。業務用システムなどのシステムを開発するのが主な仕事で、クライアントへのヒアリングによってどんな機能や仕様にするのかを決め、設計や提案をします。また、実際の開発作業においてプログラミングをすることもあります。

システムエンジニアは、システム開発の現場では上位職に当たります。システムの設計や開発プロセスの計画をして、プログラマーに指示を出すわけです。いわば、プログラマーのリーダーとして機能する仕事となります。単にプログラミングができれば良いということではなく、チームのマネジメントをしたり予算組みやクライアントとの打ち合わせ、システムのチェックやテストなどの総合的な役割を演じることになります。そのためプログラマーよりも収入が高いことがほとんど。ただしスキルや実績次第で収入が変わる仕事でもあるため、高収入を目指すのであればスキルアップが欠かせません。

システムエンジニアに求められるスキルは多岐にわたります。当然、システムを作るためのプログラミング言語についての高度なスキルが求められます。同時に、リーダーという観点から、部下を管理したり指示したり、時には教育したりする力も必要となります。そして、現場で作業するだけでなく、クライアントと打ち合わせや提案をすることも多いので、コミュニケーション能力やプレゼンスキルも重要なポイントです。